米 販売・越後柿崎の農家から直接お届け、米山米
越後柿崎 「米山米」
メンバーブログはこちら
自慢の米山米
自慢の“米”ご紹介
米山米ができるまで
生産地 柿崎とは?
柿崎区中山間地域農業振興会
柿崎名水農譲プロジェクト
メンバー紹介
関連リンク
柿崎区総合事務所
柿崎まちづくり振興会
柿崎商工会
柿崎観光協会
上越市役所
メールでのお問い合わせはこちら
農譲プロジェクト
 平成の名水百選に選ばれた「大出口泉水」と、その水が注ぎこむ棚田で育った「越淡麗」で純米酒【和希水】を仕込み、自分たちも楽しみながら地域を盛り上げようというプロジェクト。
 農作業は「柿崎を食べる会」と「柿崎中山間盛り上げ隊」が中心となって行い、酒造りは地元柿崎の酒蔵「頚城酒造」さんで仕込んでいます。
田植え体験
田植え体験の様子
  6月上旬に、柿崎区東横山の水田で田植えを、機械と手作業で行っています。
 泥の感触が面白いです。子供から大人まで楽しめます。作業後の「こびり」(25年度はほの葉に乗った赤飯と煮しめでした)がうんめーんだ。
         
稲刈り体験
稲刈り体験の様子
 10月上旬に行っています。最初はこんなにたくさん刈れるの?と思って始めますが、始めると結構はまります。25年は新米を釜で炊いて「こびり」としましたが、焦げすぎてしまったおにぎりでした。
大出口泉水祭り
大出口泉水祭りの様子
 7月25日に平成の名水百選である大出口泉水の水口で行われるお祭りです。この水を使ってお米・そば・酒を造っている関係者が集まって感謝の意を表すお祭りです。
 大自然の中で神子さんと祈祷を行い、その後に楽しく酒盛りもやっちゃいます。
和希水の仕込み体験
仕込みの様子
 2月中下旬に頸城酒造さんの蔵にお邪魔して仕込を手伝わせて頂きます。酒蔵独特の香りがたまりません。運が良ければ搾りたての新酒が試飲できることも。
         
和希水販売中
和希水販売中
「大出口泉水」で育てた酒米「越淡麗」と「越淡麗」を原料に「大出口泉水」を酒の仕込みに使用した純米酒「和希水」。25年度は2種類の【和希水】が販売されました。
26年産は量も少し増え、5月と9月に2種類を販売予定です。なお、コンビニの「ミニストップ」でこの和希水が名前を変えて「久比岐 完熟純米原酒(300ml冷蔵品)」として販売されています。どうぞ飲んでみてください。
         
▲ページの上へ戻る

2010 Copyright kakizakiwotaberukai, All rights reserved.